Trading view 検証方法 過去トレ【再生(リプレイ)機能】

 

こんにちは、トムです!

みなさんチャートはどこで見てますか?

トムは出先ではMT4、MT5を使用していますが、じっくり家で見ると確認したいときはtrading viewを使用しています。

今回はtrading viewで検証を行う際に便利な方法を紹介したいと思います。

再生(リプレイ)機能を使用します!

trading viewの公式サイト登録はこちら

 

再生(リプレイ)機能とは

Trading Viewのチャートには再生(リプレイ)機能が装備されています。

再生モードを使うと、チャート上の過去の指定した足に戻り、チャートを再生することができます。

 

再生(リプレイ)機能の使い方

2018年3月~4月のドル円の4時間足です。

 

チャート上段のツールバーの「バーのリプレイ」のボタンをクリックします。

 

再生を開始したい場所を選択し、クリックします。

 

チャートの右側が消えます。(赤枠部分が消えています)

 

上記のバーで再生の機能を調整ができます。

再生のスピード調整やロウソク足を1本ずつ表示することができます。

 

おまけ

ドル円4時間足です。

表示はMA3本、MACD、CCIです。

使用方法は下記記事参照

 

 

 

 

軽く線を引いてみました。

みなさんはここから価格がどちらに動くと思いますか。

また、この場面でポジションを持つべき?

持った場合はどこで決済すべき?

 

その後の動きです。

MACDもダイバージェンス、CCIも0割れで下落するかと思いきや上昇しています。

しかし、予想することと、勝つことは別です。

価格の上下を予想するだけではなく、どこでポジションを持つか、どう動いたらポジションを持つのか考えてみてください。

常にRR(リスクリワード比)が良い場所で戦いましょう。

trading viewの公式サイト登録はこちら

 

下記は一例です。

(4時間足を少しみただけなので精度は気にしないでください)

 

ショートエントリー

ダブルトップ頂上でエントリー
越えたら損切

青のように動いた場合ショートエントリー
越えたら損切

 

ロングエントリー

ダブルトップ水平線越えた場合、越えたラインがサポートへ変化

 

色々試してみてください!

XM・Tradeview Forex・iFOREX・XLN・TitanFXの登録者に手法・インジケータを公開!

当ブログからXM、Tradeview Forex、iFOREX、TitanFX、XLN(エクセレントトレード)に登録頂いた方にはFXの手法を下記の記事で公開しています。(どれかひとつでOKです)

各取引所のメリット・デメリットを解説した記事を用意しているので、ぜひご覧ください。

パスワード記事を見て頂いた方の一部の方の声

もちろんパスワード記事を見てくれた方の全員が勝てるようになるわけではありませんが、上記の画像のように結果を残された方もいます。みなさんの何かのきっかけになれればいいなと思ってます!!

パスワード公開手順

  1. トムのブログからXMで口座登録口座登録方法はこちら
  2. 既にXMで口座を持っている方
    1. 現在の取引口座が誰のアフィも踏んでいなければ、当ブログとリンクの紐付けが可能です。 XMサポートへ連絡お願いします。
    2. 現在他サイトのアフィを踏んでいる場合はこちらから追加登録
  3. Twitterのダイレクトメッセージもしくは、お問い合わせから連絡 ※お問い合わせ欄に「名前」を記載する部分がありますが、本名を入力する必要はありません。DMの方が嬉しいです。
  4. 入金確認後(100ドル以上)、パスワードを送付します。
Tradeview Forex・iFOREX・XLN・TitanFXの登録を頂いた方にもパス記事を公開中です! 下記のリンクからぜひ登録してみてください!