移動平均乖離率とCCI【計算】【BTCFX & FX】

こんばんは、トムです!

先日CCIの記事を書いて、たくさんの質問をDMで頂いたので、CCIと移動平均乖離率の説明をしたいと思います。

下の記事の計算式から分かった方もおられるかもしれませんが、CCIは移動平均乖離率の親戚のようなものです。

 

移動平均線乖離率とは

言葉通り、移動平均線乖離率は、価格(終値)が、移動平均線からどのぐらい離れているのかを表したものです。移動平均線から離れすぎたローソク足は、あるところで急に移動平均線の方へ戻っていく習性があります。

一般的には、トレンド転換の予兆を捉えるツールとされています。

 

 

 

移動平均線乖離率とCCI

CCIの記事に書くか迷ったのですが、こちらに書くことにします。

CCIと移動平均線乖離率は親戚のようなもので、似たような動きをしています。

 

CCIの計算式
中値=(高値+安値+終値)÷3
中値平均=14日間の中値の平均
絶対偏差=(中値-中値平均)の絶対値
CCI=(中値-中値平均)÷(0.015×(14日間の絶対偏差の平均))

でしたね。

  1. 1本のローソク足の「高値」「安値」「終値」の平均(中値)を出す
  2. 中値の単純移動平均線を計算する(中値平均
  3. 中値中値平均の差を出して、(0.015×(14日間の絶対偏差の平均))で割る

 

CCIは現在価格がCCIは簡単に言うと、統計的な平均値が現在の価格からどの程度離れているかを計算して表示しているので移動平均線乖離率と似ているわけです。

 

 

移動平均乖離率の使い方

ダイバージェンス

移動平均線乖離のダイバージェンスを活かして、エントリできそうな部分です。

黒線では、価格上昇、移動平均線乖離の下落でダイバージェンスが起きています。
赤線では、価格下落、移動平均線乖離の上昇でダイバージェンスが起きています。

ダイバージェンスが分からない方は下記記事をご覧ください。

 

インジケータライントレード

移動平均線乖離に水平線やトレンドラインを引きエントリーする手法です。

 

  • 一つ目の赤丸は移動平均線乖離の水平線割れでショート
  • 二つ目の赤丸は移動平均線乖離のトレンド割れ、レジスタンス確認でショート
  • 一番右の青丸は下降トレンドライン突破後レジスタンス確認でロング

 

インジケータのライントレードは今でも使っています。

他にもインジケータの形に注目していけば良いと思います。

下の記事のインジケータ、手法と組み合わせると良いと思います。

もう登録してくれてる人は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

元手10万円を1カ月で300万円にしたインジケータの組み合わせ

上記の続編と更に詳しい記事を下の記事で行っています。

下の記事はパスワード付きの記事になっています。

XM登録者に実際にトムが使用しているインジケータの設定を公開

 

 

主にCCIとの組み合わせの設定を公開しています。

私はこのインジとMA、ライン、フィボでトレードしていることが多いです。
ただ、このやり方で絶対勝てるわけではありませんし、シグナルを配信したり、投資助言を行うものではありません。
インジケータの設定を公開しているだけです。

 

絶対非公開でお願いします!!

 

DMでご連絡ください。リアルの仕事が忙しいのでお返事が遅くなるかもしれません。

 

 

 

インジ記事見て頂いた方の一部の声

 

もちろん全員が勝てるようになるわけではありません。

私が使っている手法が知りたければ、ぜひ登録お願いします!

 


1日以内で口座開設完了!公式リンクはこちら
・レバレッジ888倍!!
・仮想通貨損失と損益通算!詳しくはこちら
・口座開設ボーナス3,000円
・入金ボーナス、最初の500ドルに対して100%!!
(5万円入金なら、ボーナス100%で合計取引可能額10万円)
・メタトレーダーの使い方はこちら
・定期的にブログ主からプレゼント企画開催!!(初回は394XRP)
・口座登録方法はこちら
・入金方法はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

広島で働く兼業トレーダーです。 FXとBTCFXでもうすぐ億ります。税引き後で1.5億り人になったら仕事やめます。 トレードだけでなく様々な方向で頑張っていきます! ツイッターで先出しトレードしてます。 良かったらフォローお願いします!