スイスフランショック時のチャート【追証祭り】【国内と海外FX業者の対応の違い】

スイスフランショック時のチャートまとめ

 

こんにちは、トムです。

今回は2015年1月15日に発生したスイスフランショックについて紹介します。

 

スイスフランショックとは

スイスフランのCHFUSD日足チャートです。

上記は日足チャートですが、20分で約3,700pips動いています。

20分でドル円114円が77円に

 

原因

スイスフランは、日本円と同じく比較的安全度の高い「リスク回避通貨」として知られていました。

リスク回避通貨とは、簡単に言うと「世の中に何かあってもこの通貨なら大丈夫」という信頼がある通貨のことです。

スイスフランは対ユーロでスイスフラン高が進行していたのですが、2011年9月、スイス国立銀行によってスイスフラン高を抑制しようという無制限介入がはじまりました。

下のチャートをみると、無制限介入ラインが分かりやすいです。

EURCHF日足チャートです。

青ラインで介入があり、支えられていましたがこれが突如廃止となり、垂直チャートが出来上がりました。

 

日本国内の反応-追証祭り


私も当時お祭りに参加してましたが、ポジションは持っておらず、ずっと掲示板を眺めていました。

追証祭りを眺めているのがとても楽しかったのを覚えています。

当時を知ってる人は懐かしんで、あの恐怖を思い出してください。

国内取引所でトレードしていた方は大きな借金を抱えた方がとても多かった。

 

海外FX業者の対応

国内FX業者で追証祭りが起こっている中、海外FX業者はどうだったのか、当ブログでも紹介しているXMの対応を確認してみたいと思います。

スイスフランショックの翌日(2015年1月16日)に届いたメールです。

つまり、追証が一切発生しませんでした。ゼロカットがきっちり発動しています。

海外FXはスプレッドは広いですが、こういうリスクに対して皆で積み立てをしてるイメージです。

私も初心者の頃、国内業者で追証入金したことがありますが、意味が分からず泣きそうになりながら証拠金を入金していましたw

初心者こそゼロカットを利用してほしいと思います!

スイスフランショック時の色々なチャート

CHFJPY日足

 

EURCHF日足

 

EURCHF2時間足

 

USDJPY日足

 

EURJPY日足

テクニカルを習得!

当ブログのテクニカル解説をまとめた記事を作成しました。
初心者の方でも順番に読んで頂ければ、FXや株、仮想通貨トレードで使用されるテクニカルについて理解頂ける内容になっています。

ぜひご覧ください!

FX チャートテクニカル習得マニュアル(初心者~中級者まで全15記事で解説)

FX チャートテクニカル習得(初心者~中級者まで全15記事で解説)

XM・Tradeview Forex・iFOREX・XLN・TitanFXの登録者に手法・インジケータを公開!

当ブログからXM、Tradeview Forex、iFOREX、TitanFX、XLN(エクセレントトレード)に登録頂いた方にはFXの手法を下記の記事で公開しています。(どれかひとつでOKです)

各取引所のメリット・デメリットを解説した記事を用意しているので、ぜひご覧ください。

パスワード記事を見て頂いた方の一部の方の声

もちろんパスワード記事を見てくれた方の全員が勝てるようになるわけではありませんが、上記の画像のように結果を残された方もいます。みなさんの何かのきっかけになれればいいなと思ってます!!

パスワード公開手順

  1. トムのブログからXMで口座登録口座登録方法はこちら
  2. 既にXMで口座を持っている方
    1. 現在の取引口座が誰のアフィも踏んでいなければ、当ブログとリンクの紐付けが可能です。 XMサポートへ連絡お願いします。
    2. 現在他サイトのアフィを踏んでいる場合はこちらから追加登録
  3. Twitterのダイレクトメッセージもしくは、お問い合わせから連絡 ※お問い合わせ欄に「名前」を記載する部分がありますが、本名を入力する必要はありません。DMの方が嬉しいです。
  4. 入金確認後(100ドル以上)、パスワードを送付します。
Tradeview Forex・iFOREX・XLN・TitanFXの登録を頂いた方にもパス記事を公開中です! 下記のリンクからぜひ登録してみてください!