フィボナッチリトレースメントの使い方・先読みフィボナッチ 【BTCFX & FX】

 

こんにちは、トムです。

今回はフィボナッチの引き方について、ドル円、BTCのチャートを使って解説します。
チャートを見る上で最も大切といっても過言ではないかもしれません。

それくらい重要です。

 

フィボナッチとは?

フィボナッチとは、フィボナッチ比率に基づいて価格のサポート、レジスタンスのラインを予測するものです。

12世紀にフィボナッチ・レオナルドさんが考えたみたいです。

 

「 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233,377・・・」

 

↑これをフィボナッチ数列と呼ぶのですが・・・んなこたはどうでもいいwww

要は人の心理が働く(みんなが見ているライン)と思って頂ければよいです。

具体的には0、0.286、0.386、0.5、0.618、0.786、1という数字が意識されています。

赤字は特に意識されている数字です。

これだけでは分からないと思いますので、次の章で実際に引いてみましょう~!

 

フィボナッチの引き方

上図はドル円4時間チャートです。

高値に「1」、安値に「0」を当てて引いてみました。

赤が特に重要とされているラインです。

0、0.286、0.386、0.5、0.618、0.786、1」の数字が意識されているのが分かるでしょうか?

それぞれの数字のラインがサポート、レジスタンスとして機能しています。

また、高値、安値で引くだけではなく、様々な引き方があります。

次の章で3点具体的な使用例をあげました。

フィボナッチ使用例

1.エントリーポイントのフィボナッチ

f:id:kolbsn5846:20180421151447j:plain

上図はBTCチャート15分足です。

ちょうどレジスタンスラインを上抜け、上昇トレンドに変わったかという場面です。

このときは、上昇開始時と、高値にフィボラインを合わせ、0.382で買っていきました。

逆に0.5を割れたら損きりと決めていました。

フィボナッチを使うことにより、エントリー、損きりがより明確になる例です。

2.エリオット波動のフィボナッチ

f:id:kolbsn5846:20180421151458p:plain

エリオット第1波開始地点から、0.5を4波終了時点に当てました。

これにより、エリオット5波がどこまで伸びるかを予測しました。

 

エリオット波動の記事1

エリオット波動の記事2

 

3.日足のフィボナッチ

f:id:kolbsn5846:20180421151450p:plain

上図はBTC日足チャートです。

これは普通に、日足の安値と高値に引いただけですが、非常に効いているのがわかります。

 

 

最後に

チャートは多数の投資家心理が作っているもので、多くのトレーダーがフィボナッチを気にしています。

私は、まずトレンドラインやサポートを引き、次にフィボナッチを引きます。

フィボナッチを引いてない状態ではトレードしません。

それくらい大切だと思っています。

色々な引き方に挑戦し、実際のチャートで練習してみてください。

価格がどのように進むか、ある程度予想が立てれれば、自分自身がそのときどう動くのかも考えられるようになります。

フィボナッチ・リトレースメントを有効活用していきましょう!


1日以内で口座開設完了!公式リンクはこちら
・レバレッジ888倍!!
・仮想通貨損失と損益通算!詳しくはこちら
・口座開設ボーナス3,000円
・入金ボーナス、最初の500ドルに対して100%!!
(5万円入金なら、ボーナス100%で合計取引可能額10万円)
・メタトレーダーの使い方はこちら
・定期的にブログ主からプレゼント企画開催!!(初回は394XRP)
・口座登録方法はこちら
・入金方法はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

広島で働く兼業トレーダーです。 FXとBTCFXでもうすぐ億ります。税引き後で1.5億り人になったら仕事やめます。 トレードだけでなく様々な方向で頑張っていきます! ツイッターで先出しトレードしてます。 良かったらフォローお願いします!