【FX】リーマンショック・サブプライム問題のチャート【ドル円】

 

こんばんは、トムです。

今回はリーマンショック時のドル円チャートを紹介したいと思います。
このときは私もまだトレードを始めてませんでした!

 

リーマンショックとは?

リーマン・ショックは、当時、米国第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの破綻を発端とした世界的な金融危機です。

2008年9月15日に、リーマン・ブラザーズが経営破綻しました。
原因はサブプライムローンと呼ばれる低所得者向けの住宅ローンの不良債権化です。

リーマン・ブラザーズ破綻の影響は全世界に連鎖し、世界的な金融危機に発展しました。

 

リーマンショック時ドル円チャート分析

ドル円-週足

2008年9月15日リーマンショック発生時が青の縦線部分です。

  1. リーマンショック発生時  約107円
  2. 2011年の最安値        約76円

 

約3年間かけて約31円(3,100pips)落ちています。

 

赤線2本が下降トレンドラインですが、そこを抜けると大きく上昇しているのがわかります。

 

ダブルボトムを作るときは2本の下降トレンドラインを抜けていく必要があります。

さらにダブルボトムのネックラインを抜ける必要があります。

 

同じく週足で移動平均線(254075100200)とMACD、リーマンショック前の上昇トレンドラインを表示してみました。

リーマンショック発生前ですが赤丸部分で

 

  1. 複数移動平均線複数デッドクロス
  2. 上昇トレンドラインレジスタンス
  3. MACDダイバージェンスショート

 

ショートエントリーできそうですね。

続いて、日足をみてみましょう。

ドル円-日足

リーマンショック時のドル円の日足です。

まずは、インジもリーマンショックの場所も記してません。

チャートの形だけで考えてみなさんならどこでエントリーしますか?

 

 

同じくドル円の日足です。移動平均線(254075100200)とMACDを表示しています。

リーマンショック発生日、チャート上では大きな陰線がでています。

しかし、ダブルトップの形ではネックラインを割りませんでした。

その後、数日間上昇して、三尊の右肩を作りにいっています。

週足よりショートインのタイミングがわかりやすいですね。

三尊ネックライン突破時

もしくは

ダイバージェンスでダブルトップを作った時

にショートできそうです。

 

同じくドル円日足です。下降トレンドラインを赤線で引いています。

 

  1. 三尊ネックライン突破時エントリー
  2. 赤線の下降トレンドを抜ける時に利益確定

 

12円幅(1,200pips)です。

簡単そうに書いてますが、実際の取引となったら値動きの荒さから、エントリーにはかなり勇気が必要だったと思います。

ただ、リーマンショック関係なく、ショートを打てそうな場面に見えます。

少なくとも、このチャートを見てロングを打とうとは思わないですね。

 

リーマンショック後 1番動きがあった4日間

リーマンショック後、一番値が動いた期間は、10月21日~10月24日の4日間でした。

 

  1. 10月21日高値 102.13円
  2. 10月24日安値 90.83円

 

4日間で12円近く動いています。

特に10月24日だけで8円近い下落幅となっています。

為替を少しでもやったことがある人なら分かると思いますが、ありえない値動きということが、すぐに分かって頂けると思います。

 

最後に

リーマンショック時のチャート如何だったでしょうか!

これならショート打てそうと感じた方も多かったのではないでしょうか。

ただし、お祭り相場では、形的にはショートが打てそうな場面でも、レバレッジを落とし、証拠金維持率を上げてトレードに挑む必要があります。

 

最後にアドバイスですが、下の2つの作業は絶対続けていくことをおすすめします。

 

  1. 過去チャートの検証
  2. 自分のトレード分析

 

こちらの記事で簡単にトレード分析ができるエクセルファイルを紹介しています。

損益分析ートレードメンタルを語る前に

 

過去チャートの検証

ドル円ライントレード

 

BTCFXとFXチャートの比較

BTCFXトレーダー FXで勝てる説


仮想通貨FXの登録はこちらからどうぞ
手数料10%オフになります!