Trading view 検証方法 過去トレ【再生(リプレイ)機能】

 

こんにちは、トムです!

みなさんチャートはどこで見てますか?

トムは出先ではMT4、MT5を使用していますが、じっくり家で見ると確認したいときはtrading viewを使用しています。

1番高いやつに入ってます。

今回はtrading viewで検証を行う際に便利な方法を紹介したいと思います。

再生(リプレイ)機能を使用します!

trading viewの公式サイト登録はこちら

 

再生(リプレイ)機能とは

Trading Viewのチャートには再生(リプレイ)機能が装備されています。

再生モードを使うと、チャート上の過去の指定した足に戻り、チャートを再生することができます。

 

再生(リプレイ)機能の使い方

2018年3月~4月のドル円の4時間足です。

 

チャート上段のツールバーの「バーのリプレイ」のボタンをクリックします。

 

再生を開始したい場所を選択し、クリックします。

 

チャートの右側が消えます。(赤枠部分が消えています)

 

上記のバーで再生の機能を調整ができます。

再生のスピード調整やロウソク足を1本ずつ表示することができます。

 

おまけ

ドル円4時間足です。

表示はMA3本、MACD、CCIです。

使用方法は下記記事参照

 

 

 

 

軽く線を引いてみました。

みなさんはここから価格がどちらに動くと思いますか。

また、この場面でポジションを持つべき?

持った場合はどこで決済すべき?

 

その後の動きです。

MACDもダイバージェンス、CCIも0割れで下落するかと思いきや上昇しています。

しかし、予想することと、勝つことは別です。

価格の上下を予想するだけではなく、どこでポジションを持つか、どう動いたらポジションを持つのか考えてみてください。

常にRR(リスクリワード比)が良い場所で戦いましょう。

trading viewの公式サイト登録はこちら

 

下記は一例です。

(4時間足を少しみただけなので精度は気にしないでください)

 

ショートエントリー

ダブルトップ頂上でエントリー
越えたら損切

青のように動いた場合ショートエントリー
越えたら損切

 

ロングエントリー

ダブルトップ水平線越えた場合、越えたラインがサポートへ変化

 

色々試してみてください!

 

 


仮想通貨FXの登録はこちらからどうぞ
手数料10%オフになります!

ABOUTこの記事をかいた人

広島で働く兼業トレーダーです。 FXとBTCFXでもうすぐ億ります。税引き後で1.5億り人になったら仕事やめます。 トレードだけでなく様々な方向で頑張っていきます! ツイッターで先出しトレードしてます。 良かったらフォローお願いします!