おすすめの海外FX業者・徹底比較 / 結局どこで始めるのがいいの?【XM-TitanFX-XLN】

おすすめな海外FX業者3選【XM・Titan FX・XLN(エクセレントトレード)】

 

「FX業者って色々あるけど、どこの口座を開けばいいの?」

こんな悩みを抱えた方たちに合わせて今回は特におすすめな3つの業者をおすすめしたいと思います!

なお、当ブログでは追証と借金のリスクがある国内口座はおすすめしていません。

ある程度トレードに慣れた方でないと、追証やロット管理ができず借金をしてしまう可能性があるからです。

まずは海外口座でトレードに挑戦してみましょう!

 

結局どこがいいの??

海外FXは多くの取引業者があります。

XM、Titan FX、Ifoerx、is6com、GEMFOREX、HotForex、AXIORY、XLN(エクセレントトレード)などなど・・

色々ありすぎてどこから選んだらいいのか分からない方も多いと思います。

かといって適当に選ぶと危険です。
このように出金拒否のような事例も起こっています。

そこで、今回は管理人も実際に使用していて、評判が良い3つの業者に厳選して紹介したいと思います!

 

おすすめな3つの取引所の紹介

XM、TaitanFX(タイタンFX)、XLN(エクセレントトレード)の3つを紹介します。
この3つでほとんどの方の需要は満たせると思います。

まずはそれぞれの取引所の特徴を纏めたのでご覧ください。

上の図では優位性のある項目を黄色で塗りつぶしています。

出金リスク(安全さ)、入金ボーナスとスプレッドで順位付けを行うと下のようになりました!

ライセンスや入金ボーナス、スプレッド等様々な観点から解説していきます。

こちらで紹介している業者は全て日本人のサポートがあり、ゼロカット(借金のリスクなし)のため、出金リスク、入金ボーナス、スプレッドに絞ってお話をしたいと思います。

 

XMで口座開設したい方

Titan FXで口座開設したい方

XLN tradeで口座開設したい方

 

出金リスク

当ブログで紹介している取引業者では、不当な出金拒否は聞いたことがありません。

ただし、その中でもより安全性の高い順番としてXMを1位、TitanFXを2位、XLNを3位としました。

ライセンス取得国の多さと、これまでの実績からこのような順位としました!

XMのライセンス取得国が多く、様々な国で認められている業者だということがわかります。
日本人トレーダーの口座開設数もNo.1です!

TaitanFXも出金拒否は聞いたことがありませんが、ライセンスの取得国が1か国となっていて少し不安です。

XLNはライセンスが1カ国、かつ日本に上陸したばかりの取引所です。

条件面ではXLNが圧勝しているように見えますが、出金のリスクをどう取るかですね!

私自身は小さい額(数万円)を何度か出金しましたが、特に問題はありませんでした。

 

入金ボーナス

ダントツでXLNが凄いですね。次点でXMとなります。

両方とも海外FX業者の中でもトップレベルのボーナスの多さとなっています。
Taitanに関してはそもそも入金ボーナスがありません。

XMの場合・・・最初の500ドルの入金に対して100%、その後の22,500ドルまで20%のボーナス

XLNの場合・・・初回入金は150%、次回入金は100%

初回で100万円を入金した場合で比べてみます。(1ドル=110円換算)

XMの場合
最初の55,000円に対して100%=55,000円
残りの945,000円に対して20%=189,000円
ボーナス合計=244,000円
入金額と合わせて、1,244,000円でのトレードが可能

XLMの場合
入金額1,000,000円に対して、150%=1,500,000円
ボーナス合計=1,500,000円
入金額と合わせて2,500,000円でのトレードが可能

※XMでは口座解説ボーナスで3,000円が付与されますが、今回の計算には含んでいません。

XLNのボーナスが圧倒的なのが分かります。
XMもかなりトップレベルの多さなのですが、XLNに比べると劣ります。

 

 

スプレッド

 

これはXLNとTitanFXに軍配があがります。
上の表ではXLN1位、Titan FXを2位としていますが、通貨ペアによってスプレッドが異なるため、各々が取引するペアで判断してみてください。

TaitanとXLNの狭さはどちらも海外FXでトップレベルの狭さのため、スプレッド重視で取引所を選ぶ方はどちらかを選べば問題無いと思います。

スキャとデイトレはXLNかTitan FX、デイトレとスイングはXMでOKだと思います!

 

最後に

1つの口座だけを使用するのではなく、最低でも2つの口座に登録しておくことをお勧めします。

例えばMT4、5が停止した場合にポジションを持っていた際に両建てできる口座を作っておくとリスクヘッジができます。

XLNではMTだけではなく、独自のプラットフォームProfitを使用しています。

スイング用でXM(MT4 or MT5)で短期トレード用でXLN(Profit)もしくはTitan FX(MT4)を使用するのがお勧めです。

当ブログからいずれかの口座へ登録頂ければ、私の手法とインジケータを無料で公開しています。

既に口座をお持ちの方も簡単に追加口座を開くことができるので、良かったら登録してみてください!