3分で分かる IG証券・ノックアウトオプションの使い方

IG証券のノックアウトオプションの使い方

IG証券のノックアウトオプションの使い方を簡単に説明します!

ノックアウトオプションメリット・デメリット等に関してはこちらの記事をご覧ください。


こちらから登録

 

ノックアウトオプションとは

ノックアウト・オプションはリスクが限定されたオプション取引、すなわちポジションを持った時点で必ず損切りを設定しなければなりません。(ノックアウトレベル)
ノックアウトレベル(損切ライン)に達するとポジションが自動的に決済されます。
ノックアウトレベルとポジションサイズを選択でき、一度設定したノックアウトレベルを変更することはできないが、途中で決済(利益確定、損きり)はできるため、自分で最大損失額を決定できるコントロール性の高い金融商品です。

ノックアウトオプションの使い方

取引したい銘柄を選択、お客様の予測に従ってブル(上昇)またはベア(下落)のどちらかを選択します。

次に、ノックアウト・レベルを選択します。設定できるノックアウト・レベルは「ブル(上昇)」の場合は原資産の買値以下、「ベア(下落)」の場合は原資産の売値以上になります。

ブルは上昇、ベアは下落を指し、それぞれの選択した方向へ向かえば、利益となり、逆の方向へ向かえば損失となります。
逆の方向に向かってノックアウトレベルを設定します。

注文を確定し、ポジションを保有します。この時点で最大損失額が分かるため、強制的に最大損失の決定ができるわけです。
初心者の方にとっては損失が最初に分かるメリットは大きいのではないでしょうか。

さらに、ノックアウトレベルは変更することができませんが、選択したノックアウト・レベルに達しない限り、取引終了期限までにいつでも途中決済することができます。

22,000円でブルを選択、21,500円にノックアウトレベルを設定
22,001円以上で価格が推移した場合は含み益の状態・21,999円~21,501円の間は含み損の状態、21,500円に達するとポジションが自動的に決済されます。

もちろん、ノックアウトレベルに達する前、21,800円や23,000円で決済することができます。

ノックアウトプレミアム

ノックアウトオプションにはスプレッドとは別にノックアウトプレミアムという手数料があります。

ノックアウトレベルに達した場合に徴収されます。
ドル円100,000通貨の場合は2.0分=2,000円が手数料として徴収される。

途中決済の場合にはノックアウトプレミアムは必要ありません。

まとめ

国内税率で実質ハイレバでトレードすることができるIG証券の口座は、現在、国内、海外どちらで取引されている方もとりあえず持っておいた方が良い口座だと思います!


こちらから口座登録