スキャルピングにおすすめの海外FX取引所【Tradeview Forex・TitanFX】

スキャルピングは数pips~数10pipsの値幅を狙い、1日に何度も取引を行い、利益を積み重ねるトレード手法です。

スキャルピングトレードを行う場合はハイレバでの海外FX取引所をおすすめします。
数pips~数10pipsのトレードでもハイレバで取引を行えば、十分な利益をあげることができるからです。

スキャルピングでのトレードで利益をあげることができる方は、大きなドローダウン(大きく利益を減らす)ことが無しに勝ち続けていける可能性を秘めています

そんなスキャルピングトレードを行うのに適した口座を紹介していきたいと思います。

スキャルピングに適した取引口座

早速、スキャルピングに適した2つの取引所を紹介します。

スプレッド XMTitanFXTradeviewDeal FXiFOREX
USDJPY1.8pips
(1.1pips)
1.2pips
(0.9pips)
1.5pips
(0.7pips)
1.4pips
(0.9pips)
0.9pips
EURJPY2.5pips
(1.6pips)
1.4pips
(1.0pips)
1.7pips
(0.9pips)
1.4pips
(0.9pips)
0.9pips
GBPJPY3.8pips
(2.1pips)
2.3pips
(1.8pips)
2.4pips
(1.8pips)
2.3pips
(1.6pips)
1.2pips
EURUSD1.8pips
(1.1pips)
1.3pips
(0.9pips)
1.3pips
(0.7pips)
1.4pips
(0.9pips)
2.5pips
GBPUSD2.3pips
(1.6pips)
2.0pips
(1.3pips)
1.9pips
(1.4pips)
2.2pips
(1.5pips)
1.5pips
AUDUSD2.5pips
(1.4pips)
1.6pips
(1.2pips)
2.1pips
(1.2pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.0pips
ECN口座手数料10ドル/往復720円/往復500円/往復8ドル/往復
()内は取引手数料を含んだECN口座のスプレッド

TitanFX


こちらから口座登録

  • レバレッジ500倍
  • 低スプレッド
  • 入金ボーナスは一切なし
  • ゼロカット・追証なし(借金のリスクなし)
  • 丁寧な日本人サポート
  • 高い約定力
  • 運営歴が浅い

Tradeview Forex


こちらから口座登録

  • 運営暦14年
  • ケイマン諸島金融ライセンス取得
  • レバレッジ500倍
  • 最低スプレッド0.0pips
  • インターバンク直結の「cTrader」搭載
  • ゼロカット・追証なし

なぜこのふたつの取引所がスキャルピングトレードを行うのに適しているのか解説していきたいと思います。

スプレッドの狭さが業界随一

()内が各ECN口座の取引手数料込みのスプレッドです。
TitanFXとTradeview Forexのスプレッドがダントツで狭い。
特にTradeview Forexのスプレッドは現在私が確認した海外FX取引所の中で1番狭い
(ドル円0.7pips、ユロ円0.9pips・・・)

スキャを行うにあたって、取引所のスプレッドが狭いことは必須条件といえます。
1日に数10回エントリーすることもあるスキャでは手数料の少なさ=利益に直結します。

Tradeview forexとXMでGBPJPY(ポン円)にてスキャルピングトレード1日10回行った場合、20pips分も利益に差が出てくる。

スキャルピングを禁止していない取引所

海外FX取引所ではスキャルピングを禁止している取引所が多々ある。
例えばXLN(エクセレントトレード)や、iFOREXではスキャルピングトレード禁止の規約となっている。

スキャルピング禁止の取引所で、うっかりスキャしてしまうと口座凍結のリスクもあるため、必ず規約をよく読んでおきましょう。

今回紹介したTitanFXとTradeview Forexはスキャルピングを全く禁止しておらず、逆にスキャルピングを推奨しています。

NDD業者を選択する

DD方式(ディーリングデスク方式)はトレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入する
NDD方式(ノンディーリングデスク方式)はトレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入しない

FX会社が間に介入することによって、顧客を負けさせようとする行為(不利約定やストップ狩りなど)が起きる可能性がある。(多くの国内FX業者はDD方式)

一方、NDD方式のFX業者の利益は、取引手数料とスプレッドのみでトレーダーが取引すればするほど手数料で儲かる仕組みとなっている。
ゆえにトレーダーを負けさせようという行為が起こらない。

今回紹介しているTitanFXとTradeview ForexはNDD業者です。

TitanFXとTradeview Forexのどちらを選ぶべきか

簡単に言えば、入金額によってどちらの取引所を使用するか検討すれば良いと思う。
TitanFXのECN口座の入金額が最低200ドルなのに対して、Tradeview Forexの最低入金額は10万円となっている。

10万以上入金できる人はTradeview Forex、10万円以上入金できない人はTitanFXを選択すれば良いと思います。
ほかにもTradeview Forexではよりスキャルピングに適した、cTraderというプラットフォームが使用できる等の利点もある。

TitanFXとradeview forexについてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

TitanFX スタンダード口座とブレード口座どちらがお得!?【おすすめ海外FX】

最低スプレッド0.0pipsのTradeview Forexを徹底解説【おすすめ海外FX】

まとめ

FXでは自分のトレードスタイルに合わせて口座を選ぶことが利益に直結することもあり、非常に重要です。

特にスキャルピングを行う場合は

  • スプレッドが狭い業者
  • スキャルピング禁止規約がない業者
  • NDD業者

これらを選択することが重要です。

スキャルピング以外のトレードを行う方も下の記事でおすすめの口座を紹介しているため、ぜひご覧ください。

 

FX歴5年の管理人が選ぶ・初心者~上級者までおすすめの海外FX業者を比較

口座登録者にFX手法パスワード公開とDiscord招待!

当ブログからXM、Tradeview Forex、iFOREX、TitanFX、XLN(エクセレントトレード)に登録頂いた方にはFXの手法を下記の記事で公開しています。(どれかひとつでOKです)

ディスコードでは私が市況やアウトプットを行っています。

助言にあたる行為はできませんが、参加される方がいれば一緒にアウトプットして力を磨いていきましょう。

各取引所のメリット・デメリットを解説した記事を用意しているので、ぜひご覧ください。

パスワード記事を見て頂いた方の一部の方の声

もちろんパスワード記事を見てくれた方の全員が勝てるようになるわけではありませんが、上記の画像のように結果を残された方もいます。みなさんの何かのきっかけになれば良いかなと思ってます。

パスワード公開手順

XMに新しく登録される方

  1. トムのブログからXMで口座登録
  2. 口座登録方法はこちらから確認
  3. 開設した口座に入金
  4. Twitterのダイレクトメッセージもしくは、お問い合わせからXMのログインIDとDiscord名を私に連絡

※MT4、MT5はどちらでも問題ありません。

XMの口座を既に作成済みの方

  1. こちらのリンクからログインする
  2. 「追加口座を開設する」をクリックし、追加口座を開設
  3. 「資金振替」をクリックし、他口座から資金を移動
  4. Twitterのダイレクトメッセージもしくは、お問い合わせからXMのログインIDとDiscord名を私に連絡

XM以外で口座開設される方

  1. 下記のいずれかのリンクから口座開設
  2. 100ドル以上入金
  3. Twitterのダイレクトメッセージもしくは、お問い合わせからXMのログインIDとDiscord名を私に連絡