スイスフランショック時のチャート【追証祭り】【国内と海外FX業者の対応の違い】

 

こんにちは、トムです。

今回は2015年1月15日に発生したスイスフランショックについて紹介します。

 

スイスフランショックとは

スイスフランのCHFUSD日足チャートです。

上記は日足チャートですが、20分で約3,700pips動いています。

分かりやすくいうと、ドル円114円が77円になってしまうようなものです。

原因

スイスフランは、日本円と同じく比較的安全度の高い「リスク回避通貨」として知られていました。

リスク回避通貨とは、簡単に言うと「世の中に何かあってもこの通貨なら大丈夫」という信頼がある通貨のことです。

スイスフランは対ユーロでスイスフラン高が進行していたのですが、2011年9月、スイス国立銀行によってスイスフラン高を抑制しようという無制限介入がはじまりました。

下のチャートをみると、無制限介入ラインが分かりやすいです。

EURCHF日足チャートです。

青ラインで無制限介入があったのが、分かります。

これが突如廃止になってしまいました。

 

日本国内の反応-追証祭り


私も当時お祭りに参加してましたが、ポジションは持っておらず、ずっと掲示板を眺めていましたw

追証祭りを眺めているのがとても楽しかったのを覚えています。

当時を知ってる人は懐かしんで、あの恐怖を思い出してください(笑)

 

海外FX業者の対応

国内FX業者で追証祭りが起こっている中、海外FX業者はどうだったのか、当ブログでも紹介しているXMの対応を確認してみたいと思います。

スイスフランショックの翌日(2015年1月16日)に届いたメールです。

つまり、追証が一切発生しませんでした。ゼロカットがきっちり発動しています。

海外FXはスプレッドは広いですが、こういうリスクに対して皆で積み立てをしてるイメージです。

私も初心者の頃、国内業者で追証入金したことがありますが、意味が分からず泣きそうになりながら証拠金を入金していましたw

初心者こそゼロカットを利用してほしいと思っています。

 

 

 


1日以内で口座開設完了!公式リンクはこちら
・レバレッジ888倍!!
・仮想通貨損失と損益通算!詳しくはこちら
・口座開設ボーナス3,000円
・入金ボーナス、最初の500ドルに対して100%!!
(5万円入金なら、ボーナス100%で合計取引可能額10万円)
・メタトレーダーの使い方はこちら
・口座登録方法はこちら
・入金方法はこちら

 

おまけ-スイスフランショック時の色々なチャート

CHFJPY日足

 

EURCHF日足

 

EURCHF2時間足

 

USDJPY日足

 

EURJPY日足


仮想通貨FXの登録はこちらからどうぞ
手数料10%オフになります!

ABOUTこの記事をかいた人

広島で働く兼業トレーダーです。 FXとBTCFXでもうすぐ億ります。税引き後で1.5億り人になったら仕事やめます。 トレードだけでなく様々な方向で頑張っていきます! ツイッターで先出しトレードしてます。 良かったらフォローお願いします!